Home

流れを把握

塗装時の注意点について

外壁塗装には作業の流れがあり、各作業を丁寧に行う事で質の高い塗装を実現できるため、慎重に見極める事が大切です。作業前の打ち合わせで業者から説明がありますが、即日で外壁塗装が完了するわく、数日間かけてしっかりと土台を作り上げていきます。 外壁塗装は足場組みから始まり、高圧洗浄や下地処理と養生が行われていきますが、この次に行われる下塗りは気を付けるポイントがあります。それは外壁の下塗りをしっかりと施工しないと、1年後に膨れや剥がれが発生し、亀裂が入る場合があるためです。高品質な外壁塗装を実現するためには下塗りは重要なポイントであり、下塗りの仕上がりにより、その後の作業に影響を与える可能性があります。

将来を考えた塗装を選ぶ事のメリットとは

外壁塗装に使われる塗料にはたくさんの種類があるため、こだわりを持って選ぶことで耐久年数を長く維持できます。施工する事で住宅全体の強度をアップする事にも繋がるため、外壁塗装は見た目だけでなく、地震や気候変動による環境の変化等、将来の事を考え行う必要があります。 外壁塗装の中で現在一番の耐久性を誇り、長期間メンテナンスフリーで汚れが付きにくいのが光触媒塗装です。光触媒は空気浄化作用もあるため、施工するだけで周囲の空気を清涼にできるので、住宅内も快適になります。また環境に優しい塗料を使用する事でエコライフにも繋がるため、地球温暖化のための取り組みに参加する事ができる等、嬉しい効果がたくさん詰まった塗装です。