Home

塗料の安全性

外壁塗装に使用される塗料にはウレタンやシリコン等、数十種類以上あるため、価格もピンからキリまであります。高額だから単純に耐久性に優れているというわけではなく、塗りやすい塗料や保存がしやすい塗料、きついニオイが出ない塗料で高額な塗料もあれば、高品質でも取り扱いづらい塗料や保存が効かない等の理由で、リーズナブルなのに耐久性に優れている塗料もあります。 外壁の状況によって選ぶ塗料は異なりますが、期待する効果やメンテナンスの期間、豊富な経験と技術や施工力でお得なのに耐久力のある外壁塗装を実現する事も可能です。外壁塗装は価格だけでなく、その塗料がどんな性能を持っているのか良く知る事も大切な作業の一つです。

外壁塗装は塗料グレードによって金額が異なるため、住宅状況や今後の事を考えて、塗料を選ぶことが大切です。また外壁塗装の代金に足場や木鉄部塗装、雨樋や戸袋の費用が含まれない業者もあるため、事前に確認します。 住宅全体に外壁塗装を行うと、平均価格は30万円から60万円となりますが、施工面積や塗料によって金額は上下します。塗料にはシリコンやセラミック、フッ素や光触媒の他にも、超耐久や断熱等の住宅を強固にする物が存在します。住宅を外側から替えていく事ができるため、外壁塗装にこだわる事で予期せずして起きる地震や、高温になりすぎる季節の時も、屋外の環境変化から室内の快適を維持できるよう保護する役割もあります。